タロットカードとは


jigelog_the_fool / jigedine

タロットカードは、大アルカナ22枚、小アルカナ56枚の計78枚で1セットとなっている主として占いに使用されるカード群です。
大アルカナは0番から21番までの番号がついており、一般的によく知られているカード群です。
小アルカナはトランプと似た構成になっており、ワンド(棒)・ペンタクル(金貨)・ソード(剣)・カップ(杯)の4属性に、 それぞれエース・2から10までの数カード・ペイジ・ナイト・クイーン・キングのコートカードの計14枚ずつで構成されています。

各カードには独自の絵が描かれており、それは占いにおいて独自の意味を持ち、その占い結果は無限とも言えます。
そのことからも、カード1枚1枚の意味合いを理解することがとても大切です。
もうひとつ、カード(絵柄)から受けるインスピレーションから答えを導くという方法もあります。
むしろ、インスピレーションこそが求める答えそのものである場合が多いため、カードが持つ意味合いを考えると同時に、大いに自分のインスピレーションを 働かせて読み解くことで、満足のいく結果を出せるようになるでしょう。

参考文献:いちばんやさしいタロットの教科書(ルナ・マリア著)